お探しの情報は見つかりましたか?

レーザー脱毛に使用されている[レーザー]とは、一体何なのだろうか。
レーザー脱毛を受けられる人は、レーザーは何かと云う事も気付いておく事をお勧めする。

レーザー光は、自然の光の中には実在しない。
人間に拠って人工的に造られた特殊な光である。

エステティックサロン業者やレーザー機器の会社がオリジナル性を出す為に、使用する光に独自のネーミングをほどこた為、呼称は多種多様有るが、殆どは以下の三つに当てはまるようである。

・IPL脱毛
・フラッシュ脱毛
・プラズマ脱毛
IPL脱毛のIPLとは、インテンス・パルス・ライトの事で、フラッシュ脱毛でも、このインテンス・パルス・ライトが使用される。
プラズマ脱毛では、キセノンフラッシュ光線と云う光が使用されている。
インテンス・パルス・ライトは、医療用のレーザー光とは違った、特異な波長をもっている。
その為、照射する対象との距離が、遠くに離れれば離れるほど拡散すると云った特性をもっている。

メリットは、医療用レーザー脱毛に比較して痛みがおおくはないと云う点で、インテンス・パルス・ライトを照射されている部分は、暖かく実感するレベルの異和感しか実感しないと云われている。
また、毛根の中に含有されるメラニン色素のみを変化させて脱毛していく為、敏感肌等肌の弱い方の活用も可能とされている。
この、メラニン色素のみに反応すると云う点が、IPL脱毛の最大最高の特徴点と云える。
他にもメリットとして、1回で施術出きる範囲が広いと云う事も挙げれる。
施術範囲が広いと云う事は、施術時間が短くて済むと云う事に成る。

★傷があるケースの場合
施術をする部位に傷があったケースの場合は、施術者に確認してから受けるようにしよう。
多少の傷があっても脱毛の効果には変わりはないようであるが、傷が悪化する可能性が有る。

★生理中、妊娠中のケースの場合
基本的に、生理中や妊娠中のケースの場合でも問題はないとされているが、医療機関やクリニックに拠っては施術を実践しないようにしているところもあるようである。
殊更に妊婦の人は絶対に確認をするようにして欲しい。



カテゴリ

タグ