お探しの情報は見つかりましたか?

レーザー脱毛に使用されている[レーザー]とは、一体何なのだろうか。
レーザー脱毛を受けられる人は、レーザーは何かと云う事も気付いておく事をお勧めする。

レーザー光は、自然の光の中には実在しない。
人間に拠って人工的に造られた特殊な光である。

★日焼けをしない
レーザー脱毛は、レーザー光が皮膚のなかのメラニン色素に反応する事で、脱毛を実践する。
日焼けをすると、肌に多量のメラニン色素が生成される。
脱毛直前に日焼けをしてしまうと、毛根部ではなく、肌のなかのメラニン色素にレーザーが吸収されてしまい、脱毛の効果が弱くなる。

★円照射の為に、脱毛ヶ所に隙間が出きる
医療レーザー脱毛は1度に複数本の脱毛をする事が可能であるが、レーザーが円形に為っている為に、どうしても隙間が出きてしまう。
レーザーが当たらなかったヶ所は効果が薄く、脱毛も不充分に成る。
近頃では、照射面が四角に改良された機器も普及しはじめている為、医療機関を選択する際に確認してみると良いのかも知れない。

そして次には、コヒレント社(現ルミナス社)の、半導体を使用したダイオードレーザーの登場となる。
このダイオードレーザーは、うぶ毛の脱毛にも効果が待望でき、男性のヒゲの脱毛に使用されてもいる。

このようにしてレーザー光やレーザー機器の開発が進み、より安全で精度の高い脱毛が可能となっていったのだ。



カテゴリ

タグ