月別記事一覧

まりかの笑顔になれる日記にようこそ。

月別アーカイブ:2020年07月

  • 日記

    間ちがったムダ毛処理に拠って、[毛膿炎]を起こしてしまったと云う方が増大している。毛膿炎は細菌感染症の一つで、以前は疔(ちょう)と呼称されていた。数本の束になった毛が細菌に感染して生じる。毛膿炎は根が..

    記事を読む

  • 日記

    [クラリスフラッシュ]は、医療用レーザーとはちがう波長の光を活用した光脱毛による家庭用の脱毛器である。その光をカメラのフラッシュのように拡散させ、1度に広範囲の処理を可能にした。シルキンの光は黒い色の..

    記事を読む

レーザー脱毛 回数 ひげ

間ちがったムダ毛処理に拠って、[毛膿炎]を起こしてしまったと云う方が増大している。

毛膿炎は細菌感染症の一つで、以前は疔(ちょう)と呼称されていた。
数本の束になった毛が細菌に感染して生じる。
毛膿炎は根が深く、毛根周辺が赤くなったり、化膿したりする他、皮膚が硬く腫れたりと云った症状があらわれる。

★毛根
毛の、皮膚の中にある部分を指する。
つまり、一本の毛は毛幹と毛根に分類されている事に成るが、そのちがいは皮膚の外部にあるか内部にあるかのちがいだけに成る。
★毛球部
毛根の根元にある膨らんだ部分を指する。
毛球部の先端、皮膚の1番奥にある部分を[毛乳頭]と云う。
毛乳頭にある毛細血管から吸収された栄養分は、毛母細胞へと送れる。
毛母細胞は吸収した栄養分で細胞分裂をくりかえし、毛を発達させていくのだ。
毛の色を決定するメラニン組織もここで造られる。

この電子のエネルギーが高い状態から低い状態に成るとき光をアウトプットする。
このときの光がレーザー光の元に成る。
光のアウトプットには2種類有る。
[自然アウトプット]は電子が自然に低い状態に落ちて光をアウトプットする事で、[誘導アウトプット]は、光が来ると、その光と同じ波長と位相で光をアウトプットする。
つまり、誘導アウトプットは、光が一つ来ると、波長と位相がそろった光を二つアウトプットする事に成る。

埋没毛は、殆どのケースの場合、毛の発達が留まるまで放置しておくと自然に分解されて排泄されてしまうそうであるが、ケースの場合に拠っては炎症を起こして毛嚢炎に成る事も有る。

埋没毛を起こさない為には、レーザー脱毛のよるムダ毛処理がお勧めである。
また、埋没毛の対処方法としても、レーザー脱毛で埋没毛の部位を取り除く事が最良の方法とされている。



カテゴリ

タグ

レーザー脱毛 家庭用 口コミ

[クラリスフラッシュ]は、医療用レーザーとはちがう波長の光を活用した光脱毛による家庭用の脱毛器である。
その光をカメラのフラッシュのように拡散させ、1度に広範囲の処理を可能にした。

シルキンの光は黒い色のみに反応する為、肌の表面にでている毛にしか効果がないそうである。
使い最初は残っているムダ毛がおおく、効果がなかったようにみえるが、継続的に使いつづける事で少しずつ目立たなくなっていくようである。

光の出力レベルは、日本人の肌に合わせて5段階に設定されている。
自身の肌の状態を考慮して、自由にアレンジする事が出きる。
また、肌にただしく接触しないと照射されないと云うセーフティ機能がついている為、安全に脱毛出きる。

更に、医療レーザー脱毛では、電気脱毛では不可能だったうぶ毛の処理も可能とされている。

予想外の効果として、医療レーザー脱毛に拠ってワキガが低減される事もあるそうである。
ワキガは、汗を分泌する汗腺の一つであるアポクリン腺からの分泌物が原因で、分泌物が皮膚表面の雑菌を分解する時に臭いが生起する。
レーザー脱毛をする事で毛穴が綺麗な状態に保たれ、雑菌の繁殖を抑え、ワキガの低減につながると云われている。

個人差はあるだろうが、相当の女性が、ムダ毛にかんして何らかの悩みを実感している事が把握できる。
毎日剃ったり抜いたりしなくてはならない等、ムダ毛の処理は尽きる事がないと云うのも、悩みの一つと為っているようである。

こういった悩みを改善するムダ毛の処理方法の一つとして、レーザー脱毛が有る。
レーザーに拠って毛根や周辺組織に痛手をあたえて脱毛すると云う方法で、回数を重ねる事で永久脱毛されていくのだ。



カテゴリ

タグ

このブログはSEOに強い無料ブログテンプレート で作られています。
Copyright © まりかの笑顔になれる日記 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます