月別記事一覧

まりかの笑顔になれる日記にようこそ。

月別アーカイブ:2020年07月

  • 日記

    光脱毛は、光を毛根部に照射し、毛根と毛包を焼く事で発毛をさせなくすると云う脱毛法である。照射する光は、強力な白色ランプの多種多様な波長をもった光をフィルターにかけて取り出した、ムダ毛の処理が可能な波長..

    記事を読む

  • 日記

    光脱毛は、光を毛根部に照射し、毛根と毛包を焼く事で発毛をさせなくすると云う脱毛法である。照射する光は、強力な白色ランプの多種多様な波長をもった光をフィルターにかけて取り出した、ムダ毛の処理が可能な波長..

    記事を読む

レーザー脱毛 回数 脇

光脱毛は、光を毛根部に照射し、毛根と毛包を焼く事で発毛をさせなくすると云う脱毛法である。
照射する光は、強力な白色ランプの多種多様な波長をもった光をフィルターにかけて取り出した、ムダ毛の処理が可能な波長をした光である。

黄色ブドウ球菌が原因で生じる事がおおく、酷く(ひどく)なると化膿した部分が色素沈着し跡が残ってしまう事も有る。
治療には抗生物質の服用が不可欠で、ケースの場合に拠っては、切開手術が必要に成る。

★毛包
毛根を覆っているものである。
★毛孔
普通は[毛穴]と呼称されている。
毛穴は汗腺や皮膚腺とつながっていて、分泌物の排泄も実践する。
汗腺の一つであるアポクリン腺からの分泌物が、ワキガの原因となる。

開発当初は、日本人を包括する東洋人は欧米人に比べ皮膚の色が濃い(メラニン色素が少なくない)為、欧米人が使用しているレーザー脱毛機器では、メラニン色素に吸収されるレーザーの反応がつよくなるとされていた。
その為、欧米人用のレーザー機器による脱毛で、相当の肌のトラブルを起こしてしまう事が難点だったが、近頃では、東洋人向けの新しいレーザー脱毛機器が開発され、日本にも普及している。



カテゴリ

タグ

レーザー脱毛 副作用 癌

光脱毛は、光を毛根部に照射し、毛根と毛包を焼く事で発毛をさせなくすると云う脱毛法である。
照射する光は、強力な白色ランプの多種多様な波長をもった光をフィルターにかけて取り出した、ムダ毛の処理が可能な波長をした光である。

レーザーは[LASER]と表記され、これは以下の頭文字を集めて造られた造語である。
Light(光)Amplification(増幅)by Stimulated(励起)Emission(アウトプット)of Radiation(放射)
日本語に訳すると、[放射の誘導アウトプットによる光の増幅]となる。
これにもう少し解説をプラスしてみるべきだ。
気体や固体の分子の中にある電子にエネルギーを吸収させ、高エネルギー状態にしておくるのだ。

使用中はチクチク刺すような痛みを実感する人もいるそうである。
また、何も実感しないと云う方や、使用回数を重ねるに従って痛みが変わると云う方もいる。
使用直後は、肌に赤みが残るケースの場合も有るが、普通は24時間以内に消失してしまうそうである。

全身どこでも使用可能で、男性のヒゲにも使用出きるそうであるが、イボやアザ、目立つホクロ、傷口や炎症のある部位等への使用は出きないそうである。
多種多様とメリットの少なくないクラリスフラッシュであるが、価格が30万円以上と途方もなく高額に成る事が難点とも云える。




カテゴリ

タグ

このブログはSEOに強い無料ブログテンプレート で作られています。
Copyright © まりかの笑顔になれる日記 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます