医療機関で実行される医療レーザー脱毛には、医療用レーザー光が使用されている。

ムダ毛の部分にレーザー光を照射すると、毛根と毛乳頭にあるメラニンと云う色素にエネルギーが吸収され、毛根そのものと、その周りの毛を生産している毛母細胞を破壊させる。
毛母細胞を破壊する事で、発毛そのものの働きを留める事になり、その部位からは其の後、毛が生える事なく永久脱毛が可能に成る。

レーザー機器には医療用レーザーと工業用レーザーとが在り、レーザー脱毛には、医療用レーザーが使用される。
医療レーザーは、人体に影響をおよぼさないよう厳しい基準が取り決定されている為、ドクターの管理の下でガッツリとした使い方がなされている限り、体への悪影響はないとされている。

また、肌に過剰にレーザーが吸収される事で、火傷(やけど)や水ぶくれと云った肌のトラブルを起こす可能性も高くなる。
日本医学脱毛協会では、[日焼け後は3ヶ月が経過するまでレーザー脱毛は実践しない]と定めている。

医療機関であろうとエステティックサロンであろうと、1度の施術で直ぐにツルツルの肌に成ると云う訳でもなく、複数回通う必要が有る。
通うための時間が造れないと云う問題や費用の面等も、家庭で出きる脱毛器の人気の理由の一つに為っている。



[PR]
  • バッグ メンズ 人気
  • スニーカー レディース 人気
  • マスク 50枚
  • 父の日 ギフト
  • リュック レディース ビジネス

  • カテゴリ

    タグ