月別記事一覧

まりかの笑顔になれる日記にようこそ。

月別アーカイブ:2020年06月

  • 日記

    レーザー脱毛に使用されている[レーザー]とは、一体何なのだろうか。レーザー脱毛を受けられる人は、レーザーは何かと云う事も気付いておく事をお勧めする。レーザー光は、自然の光の中には実在しない。人間に拠っ..

    記事を読む

  • 日記

    家庭用脱毛器の人気ランキングで1番人気が高いのは、[トリア]と為っている。トリアは、以前から人気があった[アイエピ]が進化したものである。最大最高の特長は、レーザー光を活用している為に、毛の色素にのみ..

    記事を読む

  • 日記

    レーザー脱毛を受ける時に、事前に必要なムダ毛のケアと云うものはないのだが、注意する点は何種類か有る。★ムダ毛の自己処理は実践しないレーザーによる脱毛は、毛の毛根部にレーザーを照射する事で脱毛を実践する..

    記事を読む

レーザー脱毛 効果 いつから

レーザー脱毛に使用されている[レーザー]とは、一体何なのだろうか。
レーザー脱毛を受けられる人は、レーザーは何かと云う事も気付いておく事をお勧めする。

レーザー光は、自然の光の中には実在しない。
人間に拠って人工的に造られた特殊な光である。

エステティックサロン業者やレーザー機器の会社がオリジナル性を出す為に、使用する光に独自のネーミングをほどこた為、呼称は多種多様有るが、殆どは以下の三つに当てはまるようである。

・IPL脱毛
・フラッシュ脱毛
・プラズマ脱毛
IPL脱毛のIPLとは、インテンス・パルス・ライトの事で、フラッシュ脱毛でも、このインテンス・パルス・ライトが使用される。
プラズマ脱毛では、キセノンフラッシュ光線と云う光が使用されている。
インテンス・パルス・ライトは、医療用のレーザー光とは違った、特異な波長をもっている。
その為、照射する対象との距離が、遠くに離れれば離れるほど拡散すると云った特性をもっている。

メリットは、医療用レーザー脱毛に比較して痛みがおおくはないと云う点で、インテンス・パルス・ライトを照射されている部分は、暖かく実感するレベルの異和感しか実感しないと云われている。
また、毛根の中に含有されるメラニン色素のみを変化させて脱毛していく為、敏感肌等肌の弱い方の活用も可能とされている。
この、メラニン色素のみに反応すると云う点が、IPL脱毛の最大最高の特徴点と云える。
他にもメリットとして、1回で施術出きる範囲が広いと云う事も挙げれる。
施術範囲が広いと云う事は、施術時間が短くて済むと云う事に成る。

★傷があるケースの場合
施術をする部位に傷があったケースの場合は、施術者に確認してから受けるようにしよう。
多少の傷があっても脱毛の効果には変わりはないようであるが、傷が悪化する可能性が有る。

★生理中、妊娠中のケースの場合
基本的に、生理中や妊娠中のケースの場合でも問題はないとされているが、医療機関やクリニックに拠っては施術を実践しないようにしているところもあるようである。
殊更に妊婦の人は絶対に確認をするようにして欲しい。



カテゴリ

タグ

レーザー脱毛 効果 家庭用

家庭用脱毛器の人気ランキングで1番人気が高いのは、[トリア]と為っている。
トリアは、以前から人気があった[アイエピ]が進化したものである。

最大最高の特長は、レーザー光を活用している為に、毛の色素にのみ反応すると云う点で、安全で効率的な脱毛が可能である。
また、価格が10万円以下とコストパフォーマンスに優れていると云う事も人気の理由に為っている。

レーザーは[LASER]と表記され、これは以下の頭文字を集めて造られた造語である。
Light(光)Amplification(増幅)by Stimulated(励起)Emission(アウトプット)of Radiation(放射)
日本語に訳すると、[放射の誘導アウトプットによる光の増幅]となる。
これにもう少し解説をプラスしてみるべきだ。
気体や固体の分子の中にある電子にエネルギーを吸収させ、高エネルギー状態にしておくるのだ。

★ダイオードレーザー(もしくは、半導体レーザー)
脱毛を目的として開発されたレーザーで、脱毛治療ではよく使用されている。
他のレーザーで効果があらわれにくかった部分に使用される事がおおく、日本人の肌質や毛質に向いているとされている。

埋没毛は、殆どのケースの場合、毛の発達が留まるまで放置しておくと自然に分解されて排泄されてしまうそうであるが、ケースの場合に拠っては炎症を起こして毛嚢炎に成る事も有る。

埋没毛を起こさない為には、レーザー脱毛のよるムダ毛処理がお勧めである。
また、埋没毛の対処方法としても、レーザー脱毛で埋没毛の部位を取り除く事が最良の方法とされている。



カテゴリ

タグ

レーザー脱毛 家庭用 仕組み

レーザー脱毛を受ける時に、事前に必要なムダ毛のケアと云うものはないのだが、注意する点は何種類か有る。

★ムダ毛の自己処理は実践しない
レーザーによる脱毛は、毛の毛根部にレーザーを照射する事で脱毛を実践するわけであるから、毛抜きで抜いたりしてしまうと効果が充分に得られなくなる。
脱色も、同じ意味で効果が得られない。
剃る事は問題ないのだが、あるレベル毛の長さがあった方が、毛の生えている方向が把握できて施術には効果的である。

★退行期
毛母細胞の活動がストップし、毛の発達も留まる。
★休止期
発達の留まった毛が毛乳頭から離れ、抜け落つ。
抜け落ちた後は暫く(しばらく)休み、再び毛母細胞が活動をはじめると新しいサイクルがスタートする。

フラッシュ脱毛は、1度の照射で永久脱毛効果があると云う訳でもなく、早い方のケースの場合は初めての施術後1ヶ月ほどで毛が再生され、再び生えてくるのだ。
但し再生された毛は以前と比較して細く弱い毛に成る。
この再生された弱い毛に再照射を実践すると、毛の毛母細胞はどんどんと壊されていき、再生された毛は老廃物となって抜け落ちていくのだ。
このようにして、毛母細胞が全て死んでしまうまで照射をくりかえす事で永久的に脱毛させていくのだ。

個人差はあるだろうが、相当の女性が、ムダ毛にかんして何らかの悩みを実感している事が把握できる。
毎日剃ったり抜いたりしなくてはならない等、ムダ毛の処理は尽きる事がないと云うのも、悩みの一つと為っているようである。

こういった悩みを改善するムダ毛の処理方法の一つとして、レーザー脱毛が有る。
レーザーに拠って毛根や周辺組織に痛手をあたえて脱毛すると云う方法で、回数を重ねる事で永久脱毛されていくのだ。



カテゴリ

タグ

このブログはSEOに強い無料ブログテンプレート で作られています。
Copyright © まりかの笑顔になれる日記 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます