日記のカテゴリ記事一覧

まりかの笑顔になれる日記にようこそ。

カテゴリ:日記

  • 日記

    医療機関やエスティックサロン等での脱毛に踏み切れないと云う方に、その理由を尋ねてみたいと思うと、[痛そうで恐い]と云う回答がおおく寄せれる。レーザー脱毛は、電気脱毛に比較すると痛みがおおくはないとよく..

    記事を読む

  • 日記

    レーザー脱毛を受ける時に、事前に必要なムダ毛のケアと云うものはないのだが、注意する点は何種類か有る。★ムダ毛の自己処理は実践しないレーザーによる脱毛は、毛の毛根部にレーザーを照射する事で脱毛を実践する..

    記事を読む

  • 日記

    ヒゲの脱毛は、男性が実践する脱毛のトップに挙げられている。女性からみると、男性にヒゲが生えているのは当たり前のように実感するが、ヒゲにコンプレックスを抱いている男性は意外と少なくないようである。ヒゲの..

    記事を読む

  • 日記

    レーザー脱毛を受けた後にも、注意しなくてはいけない事が有る。興味ないままでいると、肌の健康を損ねてしまう事も有る。せっかく脱毛をするのであるから、脱毛後も美肌のままでいられるように、是が非でも気を付け..

    記事を読む

  • 日記

    レーザー脱毛を受けた後にも、注意しなくてはいけない事が有る。興味ないままでいると、肌の健康を損ねてしまう事も有る。せっかく脱毛をするのであるから、脱毛後も美肌のままでいられるように、是が非でも気を付け..

    記事を読む

  • 日記

    医療用レーザー脱毛で用いられるレーザー光は複数の種類が有る。その中から、ムダ毛処理を受ける部位やムダ毛の状態、メラニン色素の濃さ等から決断して、適切なレーザーがドクターに拠って選定される。安全で完璧な..

    記事を読む

  • 日記

    光脱毛は、光を毛根部に照射し、毛根と毛包を焼く事で発毛をさせなくすると云う脱毛法である。照射する光は、強力な白色ランプの多種多様な波長をもった光をフィルターにかけて取り出した、ムダ毛の処理が可能な波長..

    記事を読む

  • 日記

    光脱毛は、光を毛根部に照射し、毛根と毛包を焼く事で発毛をさせなくすると云う脱毛法である。照射する光は、強力な白色ランプの多種多様な波長をもった光をフィルターにかけて取り出した、ムダ毛の処理が可能な波長..

    記事を読む

  • 日記

    医療機関やエステティックサロン等で実践する脱毛方法には多種多様な種類が有る。代表的なものには、レーザー脱毛、電気脱毛、光脱毛が有る。電気脱毛は、細い針を毛穴の一つ一つに差し込み、その針に電気もしくは高..

    記事を読む

  • 日記

    レーザー脱毛を受けた後にも、注意しなくてはいけない事が有る。興味ないままでいると、肌の健康を損ねてしまう事も有る。せっかく脱毛をするのであるから、脱毛後も美肌のままでいられるように、是が非でも気を付け..

    記事を読む

  • 日記

    レーザー脱毛の注意点として気付いておきたい点を纏めて(まとめて)みた。★休止期のムダ毛には効果がない毛の発達サイクルには、発達期・退行期・休止期の三つのサイクルが有る。発達期は毛母細胞が分裂して新しい..

    記事を読む

  • 日記

    間ちがったムダ毛処理に拠って、[毛膿炎]を起こしてしまったと云う方が増大している。毛膿炎は細菌感染症の一つで、以前は疔(ちょう)と呼称されていた。数本の束になった毛が細菌に感染して生じる。毛膿炎は根が..

    記事を読む

  • 日記

    あるインターネットホームページの調査によると、女性の約98%は自身のムダ毛にかんしての悩みをもっていると云う結果が得られたそうである。悩みの内訳を観てみたいと思うと、[すぐに生えてくる]と[濃い・太い..

    記事を読む

  • 日記

    プラズマ脱毛も光脱毛の一つである。使用されている光は、医療用レーザー光線より波長の長いキセノンフラッシュ光線を、特殊偏光フィルムに通したものである。その為、肌を傷める事なく、確実に脱毛部分の毛根部に光..

    記事を読む

  • 日記

    プラズマ脱毛も光脱毛の一つである。使用されている光は、医療用レーザー光線より波長の長いキセノンフラッシュ光線を、特殊偏光フィルムに通したものである。その為、肌を傷める事なく、確実に脱毛部分の毛根部に光..

    記事を読む

  • 日記

    女性の大敵であるムダ毛であるが、処理方法は多種多様在り、どのような処理方法が自身にあっているのかも、悩みの一つと為っている。処理方法は、大幅に分けて三つに分ける事が出きる。休止期に入った毛は活動をしな..

    記事を読む

  • 日記

    ムダ毛にかんしての悩みの中には、除毛処理をくりかえす事で何らかのトラブルを抱いてしまうと云った事も有る。こういったトラブルの一つに[埋没毛]が有る。埋没毛とは、体毛が皮膚の中で発毛、発達してしまう事を..

    記事を読む

  • 日記

    [クラリスフラッシュ]は、医療用レーザーとはちがう波長の光を活用した光脱毛による家庭用の脱毛器である。その光をカメラのフラッシュのように拡散させ、1度に広範囲の処理を可能にした。その為、今までの脱毛方..

    記事を読む

  • 日記

    光脱毛は、光を毛根部に照射し、毛根と毛包を焼く事で発毛をさせなくすると云う脱毛法である。照射する光は、強力な白色ランプの多種多様な波長をもった光をフィルターにかけて取り出した、ムダ毛の処理が可能な波長..

    記事を読む

  • 日記

    間ちがったムダ毛処理に拠って、[毛膿炎]を起こしてしまったと云う方が増大している。毛膿炎は細菌感染症の一つで、以前は疔(ちょう)と呼称されていた。数本の束になった毛が細菌に感染して生じる。毛膿炎は根が..

    記事を読む

  • 日記

    [クラリスフラッシュ]は、医療用レーザーとはちがう波長の光を活用した光脱毛による家庭用の脱毛器である。その光をカメラのフラッシュのように拡散させ、1度に広範囲の処理を可能にした。シルキンの光は黒い色の..

    記事を読む

  • 日記

    レーザー脱毛に使用されている[レーザー]とは、一体何なのだろうか。レーザー脱毛を受けられる人は、レーザーは何かと云う事も気付いておく事をお勧めする。レーザー光は、自然の光の中には実在しない。人間に拠っ..

    記事を読む

  • 日記

    レーザー脱毛に使用されている[レーザー]とは、一体何なのだろうか。レーザー脱毛を受けられる人は、レーザーは何かと云う事も気付いておく事をお勧めする。レーザー光は、自然の光の中には実在しない。人間に拠っ..

    記事を読む

  • 日記

    レーザー脱毛を受ける時に、事前に必要なムダ毛のケアと云うものはないのだが、注意する点は何種類か有る。★ムダ毛の自己処理は実践しないレーザーによる脱毛は、毛の毛根部にレーザーを照射する事で脱毛を実践する..

    記事を読む

  • 日記

    脱毛や除毛による肌のトラブルを防いだり、完璧な脱毛の為にも、毛の構造にかんして気付いておく事は肝心である。★毛幹皮膚から表面にでている部分を指する。普通我々が[毛]とよんでいる部分の事である。シルキン..

    記事を読む

  • 日記

    家庭で自身で実践する脱毛法としては、カミソリで剃る、毛抜きで抜く等のほか、脱毛ワックスや脱毛テープ、除毛クリーム等を使用した脱毛、除毛方法が主流だった。近頃では、家庭で使用する事の出きる[家庭用レーザ..

    記事を読む

  • 日記

    レーザー脱毛の注意点として気付いておきたい点を纏めて(まとめて)みた。★休止期のムダ毛には効果がない毛の発達サイクルには、発達期・退行期・休止期の三つのサイクルが有る。発達期は毛母細胞が分裂して新しい..

    記事を読む

  • 日記

    [クラリスフラッシュ]は、医療用レーザーとはちがう波長の光を活用した光脱毛による家庭用の脱毛器である。その光をカメラのフラッシュのように拡散させ、1度に広範囲の処理を可能にした。脱毛の原理は、医療レー..

    記事を読む

  • 日記

    光脱毛は、光を毛根部に照射し、毛根と毛包を焼く事で発毛をさせなくすると云う脱毛法である。照射する光は、強力な白色ランプの多種多様な波長をもった光をフィルターにかけて取り出した、ムダ毛の処理が可能な波長..

    記事を読む

  • 日記

    レーザー脱毛に使用されている[レーザー]とは、一体何なのだろうか。レーザー脱毛を受けられる人は、レーザーは何かと云う事も気付いておく事をお勧めする。レーザー光は、自然の光の中には実在しない。人間に拠っ..

    記事を読む

レーザー脱毛 家庭用 おすすめ

医療機関やエスティックサロン等での脱毛に踏み切れないと云う方に、その理由を尋ねてみたいと思うと、[痛そうで恐い]と云う回答がおおく寄せれる。
レーザー脱毛は、電気脱毛に比較すると痛みがおおくはないとよく云われるが、現実はどうなのだろうか。

その為、今までの脱毛方法に比べ肌への負担が軽いとされ、レーザー脱毛のような痛みもなく、瞬間的にピリッとするレベルだと云われている。
インテンス・パルス・ライトの熱エネルギーを、毛根の中にある、光を吸収しやすいメラニン色素のみに与え、その熱で蛋白(たんぱく)質変性を起こす事で脱毛をしていくのだ。

更に、医療レーザー脱毛では、電気脱毛では不可能だったうぶ毛の処理も可能とされている。

予想外の効果として、医療レーザー脱毛に拠ってワキガが低減される事もあるそうである。
ワキガは、汗を分泌する汗腺の一つであるアポクリン腺からの分泌物が原因で、分泌物が皮膚表面の雑菌を分解する時に臭いが生起する。
レーザー脱毛をする事で毛穴が綺麗な状態に保たれ、雑菌の繁殖を抑え、ワキガの低減につながると云われている。

日本で販売されている製品は、海外で販売されているものとは仕様が全くちがうと云う事である。
電圧のちがいを考慮して、日本人の肌にあうよう本体構造やカートリッジのパワーを変えて特別に製造されているそうである。

購入にかんしての対話や詳しい使用方法にかんしては、[シルキンカスタマーセンター]で確認して欲しい。



カテゴリ

タグ

レーザー脱毛 メンズ 大阪

レーザー脱毛を受ける時に、事前に必要なムダ毛のケアと云うものはないのだが、注意する点は何種類か有る。

★ムダ毛の自己処理は実践しない
レーザーによる脱毛は、毛の毛根部にレーザーを照射する事で脱毛を実践するわけであるから、毛抜きで抜いたりしてしまうと効果が充分に得られなくなる。
脱色も、同じ意味で効果が得られない。
剃る事は問題ないのだが、あるレベル毛の長さがあった方が、毛の生えている方向が把握できて施術には効果的である。

シルキンの光は黒い色のみに反応する為、肌の表面にでている毛にしか効果がないそうである。
使い最初は残っているムダ毛がおおく、効果がなかったようにみえるが、継続的に使いつづける事で少しずつ目立たなくなっていくようである。

光の出力レベルは、日本人の肌に合わせて5段階に設定されている。
自身の肌の状態を考慮して、自由にアレンジする事が出きる。
また、肌にただしく接触しないと照射されないと云うセーフティ機能がついている為、安全に脱毛出きる。

レーザー脱毛専用のレーザー光が開発されたきっかけは、シミやホクロ、アザのレーザー治療だった。
レーザー光を使用したシミ取り等の治療に拠ってメラニン色素が破壊されると、毛根部も破壊され、其の後は毛が生えてこなくなる事から、脱毛用のレーザー光の調査が進み、脱毛専用機器としてアメリカで開発されたのだ。

★ニードル脱毛
金属アレルギーを防ぐ為に、チタンやゴールドで加工された針を使用して実践する。
永久性が高いとされているが、反面、施術中の痛みが相当つよいとも云われている。
エスティックサロン等、医療機関でなくても施術が可能であるが、医療機関でないところでは麻酔を使用しての施術は出きない。
また、施術者の技術等に拠って効果が左右されたり、火傷や色素沈着等のトラブルがおきたりする事が少なくないとも云われている為、注意が必要である。



カテゴリ

タグ

レーザー脱毛 メンズ 都度払い

ヒゲの脱毛は、男性が実践する脱毛のトップに挙げられている。
女性からみると、男性にヒゲが生えているのは当たり前のように実感するが、ヒゲにコンプレックスを抱いている男性は意外と少なくないようである。

ヒゲの脱毛を実践するには、メンズエステでのレーザー脱毛や、美容外科や美容クリニックでの医療レーザー脱毛を受ける方が少なくないようである。

埋没毛となる原因としては、カミソリや毛抜きを使用したムダ毛の自己処理による事が殆どとされている。
おおくは、毛を抜いた時に毛根から抜けず途中で切れてしまったケースの場合や、毛根から抜き取られ、毛穴がふさがったあとに毛が再生し、そのまま皮膚の中で発達してしまうケースの場合、また、剃られた毛の先端が尖る事で皮膚のなかの毛穴じゃないところを貫通してしまうと云った事で生じる。

シルキンも、家庭用レーザー脱毛器と同じように、肌の色や毛の色に拠って使用の出きないケースの場合が有る。
顔への照射、日焼け後の肌への照射も禁止されている。

購入に当たって注意をしなくてはならない点は、海外発送の製品を買い付けないと云う事である。

但しアポクリン腺が取り除かれると云う訳でもなく、毛穴を清潔な状態にキープするのみのものである為、脱毛によるワキガの改善は一時的、かつ限定的なものでもあるそうである。
決して、ワキガ専門の治療のような効果が望めるものじゃないのだ。



カテゴリ

タグ

レーザー脱毛 効果なし

レーザー脱毛を受けた後にも、注意しなくてはいけない事が有る。
興味ないままでいると、肌の健康を損ねてしまう事も有る。
せっかく脱毛をするのであるから、脱毛後も美肌のままでいられるように、是が非でも気を付けて欲しい。

★紫外線を浴びない
施術の直後は、肌が途方もなく敏感に為っている。
つよい日差しを浴びると、色素沈着をおこし、シミに成るケースの場合が有る。
紫外線を直接浴びる事のないように、肌を覆う事の出きる衣服等で紫外線対策をして欲しい。

★日焼けをしない
レーザー脱毛は、レーザー光が皮膚のなかのメラニン色素に反応する事で、脱毛を実践する。
日焼けをすると、肌に多量のメラニン色素が生成される。
脱毛直前に日焼けをしてしまうと、毛根部ではなく、肌のなかのメラニン色素にレーザーが吸収されてしまい、脱毛の効果が弱くなる。

もしくは、剃ったり抜いたりした事で、毛穴周辺の皮膚が炎症を起こしたり傷ついたりして出きたかさぶたの為に毛穴がふさがれてしまい、毛が表面にでてくれなくなってしまったと云うケースの場合も有る。
埋没毛が生じやすい部位は、脇やビキニライン等の皮膚の弾力のない、毛の生えている方向がまちまちのところだそうである。

開発当初は、日本人を包括する東洋人は欧米人に比べ皮膚の色が濃い(メラニン色素が少なくない)為、欧米人が使用しているレーザー脱毛機器では、メラニン色素に吸収されるレーザーの反応がつよくなるとされていた。
その為、欧米人用のレーザー機器による脱毛で、相当の肌のトラブルを起こしてしまう事が難点だったが、近頃では、東洋人向けの新しいレーザー脱毛機器が開発され、日本にも普及している。



カテゴリ

タグ

レーザー脱毛 腕 黒いぽつぽつ

レーザー脱毛を受けた後にも、注意しなくてはいけない事が有る。
興味ないままでいると、肌の健康を損ねてしまう事も有る。
せっかく脱毛をするのであるから、脱毛後も美肌のままでいられるように、是が非でも気を付けて欲しい。

★紫外線を浴びない
施術の直後は、肌が途方もなく敏感に為っている。
つよい日差しを浴びると、色素沈着をおこし、シミに成るケースの場合が有る。
紫外線を直接浴びる事のないように、肌を覆う事の出きる衣服等で紫外線対策をして欲しい。

[すぐに生えてくる]と云う方の中には、[毎晩剃っているのに、明くる日の夕方にはもう目立つくらい生えてくる]と云う答えも有った。
ムダ毛の量や太さも、人に拠っては悩みを拡大させる原因となる。
[除毛クリームが効かないくらい量が少なくない]、[剛毛でカミソリ負けして肌荒れを起こしてしまう]と答えられた方もいる。

使い方は以下の通りである。
・処理したい部分のムダ毛をカミソリ等で剃り、清潔な状態にしておくるのだ。
・付属のジェルを、脱毛ヶ所の皮膚の表面に均一に成るように薄く塗布する。
(脱毛中にジェルが乾いてきたケースの場合は、拭き取らずに上から重ねて塗布していくのだ。)
・付属のゴーグルを装着する。
・脱毛(Depilation)ボタンをプッシュすると、ランプが緑色に点灯する。
・10秒後、自動的にEMISSIONランプが点灯する。
・ブローブの照射部分を脱毛ヶ所に垂直に当て密着させ、ブローブボタンをプッシュする。
これでフラッシュライトが照射される。
ブローブをシフトさせ、万遍無く照射していくのだ。

抜いたり剃ったりしたムダ毛がまたすぐに生えてくるのは、毛乳頭や毛母細胞が残っているからでも在り、休止期に入っていた毛が発達期へと移るためでも有る。
休止期に入っている毛の処理は、レーザー脱毛でもむずかしいとされている。
完璧で永久的な脱毛の為には、レーザー脱毛等で毛母細胞を破壊してしまう処理を、毛周期に合わせて数回くりかえす必要があるのは、このためである。



カテゴリ

タグ

レーザー脱毛 メンズ

医療用レーザー脱毛で用いられるレーザー光は複数の種類が有る。
その中から、ムダ毛処理を受ける部位やムダ毛の状態、メラニン色素の濃さ等から決断して、適切なレーザーがドクターに拠って選定される。
安全で完璧な脱毛の為には複数のレーザーを使用する必要が在り、その為には、一種類のレーザーだけではなく、複数のレーザーを扱っている病院を選択するようにしよう。

その為、今までの脱毛方法に比べ肌への負担が軽いとされ、レーザー脱毛のような痛みもなく、瞬間的にピリッとするレベルだと云われている。
インテンス・パルス・ライトの熱エネルギーを、毛根の中にある、光を吸収しやすいメラニン色素のみに与え、その熱で蛋白(たんぱく)質変性を起こす事で脱毛をしていくのだ。

メリットは、医療用レーザー脱毛に比較して痛みがおおくはないと云う点で、インテンス・パルス・ライトを照射されている部分は、暖かく実感するレベルの異和感しか実感しないと云われている。
また、毛根の中に含有されるメラニン色素のみを変化させて脱毛していく為、敏感肌等肌の弱い方の活用も可能とされている。
この、メラニン色素のみに反応すると云う点が、IPL脱毛の最大最高の特徴点と云える。
他にもメリットとして、1回で施術出きる範囲が広いと云う事も挙げれる。
施術範囲が広いと云う事は、施術時間が短くて済むと云う事に成る。

★火傷(やけど)をしてしまったら
万が一火傷(やけど)をおってしまったケースの場合は、早期診察、早期治療が肝心である。
すぐに冷やして、皮膚科を検診して欲しい。
観た目には火傷(やけど)と分からなくても、ヒリヒリとした痛みがつづくようなら、冷やしてすぐに皮膚科を検診しよう。
施術を受けた医療機関やクリニックへの連絡も失念しないで欲しい。



カテゴリ

タグ

レーザー脱毛 回数 脇

光脱毛は、光を毛根部に照射し、毛根と毛包を焼く事で発毛をさせなくすると云う脱毛法である。
照射する光は、強力な白色ランプの多種多様な波長をもった光をフィルターにかけて取り出した、ムダ毛の処理が可能な波長をした光である。

黄色ブドウ球菌が原因で生じる事がおおく、酷く(ひどく)なると化膿した部分が色素沈着し跡が残ってしまう事も有る。
治療には抗生物質の服用が不可欠で、ケースの場合に拠っては、切開手術が必要に成る。

★毛包
毛根を覆っているものである。
★毛孔
普通は[毛穴]と呼称されている。
毛穴は汗腺や皮膚腺とつながっていて、分泌物の排泄も実践する。
汗腺の一つであるアポクリン腺からの分泌物が、ワキガの原因となる。

開発当初は、日本人を包括する東洋人は欧米人に比べ皮膚の色が濃い(メラニン色素が少なくない)為、欧米人が使用しているレーザー脱毛機器では、メラニン色素に吸収されるレーザーの反応がつよくなるとされていた。
その為、欧米人用のレーザー機器による脱毛で、相当の肌のトラブルを起こしてしまう事が難点だったが、近頃では、東洋人向けの新しいレーザー脱毛機器が開発され、日本にも普及している。



カテゴリ

タグ

レーザー脱毛 副作用 癌

光脱毛は、光を毛根部に照射し、毛根と毛包を焼く事で発毛をさせなくすると云う脱毛法である。
照射する光は、強力な白色ランプの多種多様な波長をもった光をフィルターにかけて取り出した、ムダ毛の処理が可能な波長をした光である。

レーザーは[LASER]と表記され、これは以下の頭文字を集めて造られた造語である。
Light(光)Amplification(増幅)by Stimulated(励起)Emission(アウトプット)of Radiation(放射)
日本語に訳すると、[放射の誘導アウトプットによる光の増幅]となる。
これにもう少し解説をプラスしてみるべきだ。
気体や固体の分子の中にある電子にエネルギーを吸収させ、高エネルギー状態にしておくるのだ。

使用中はチクチク刺すような痛みを実感する人もいるそうである。
また、何も実感しないと云う方や、使用回数を重ねるに従って痛みが変わると云う方もいる。
使用直後は、肌に赤みが残るケースの場合も有るが、普通は24時間以内に消失してしまうそうである。

全身どこでも使用可能で、男性のヒゲにも使用出きるそうであるが、イボやアザ、目立つホクロ、傷口や炎症のある部位等への使用は出きないそうである。
多種多様とメリットの少なくないクラリスフラッシュであるが、価格が30万円以上と途方もなく高額に成る事が難点とも云える。




カテゴリ

タグ

レーザー脱毛器人気ランキング

医療機関やエステティックサロン等で実践する脱毛方法には多種多様な種類が有る。
代表的なものには、レーザー脱毛、電気脱毛、光脱毛が有る。

電気脱毛は、細い針を毛穴の一つ一つに差し込み、その針に電気もしくは高周波を流す事で毛根部を破壊して、毛の再生を妨げると云う方法である。
レーザー脱毛とおなじ様に、永久的な脱毛効果が高いとされている。

ここでご案内する料金設定は、あくまでも水準としてお考え欲しい。

★腕
[ヒジから下][ヒジから上]と分類されている事がおおく、おのおのの部位1回に付き、3万から5万円である。

★脚
[大腿部(太もも)]と[下腿部(ヒザから下)]に別れているケースの場合がおおく、中には更に細かく[ヒザ]を別料金にしているケースの場合も有る。
おのおの1回につき、両大腿部で2万5千円から8万円、両下腿部で3万5千円から7万円である。

★エステティックサロンでの脱毛
・電気脱毛(ニードル脱毛)
・IPL脱毛
レーザー脱毛
・フラッシュ脱毛
・プラズマ脱毛
・ワックス脱毛
エステティックサロンでは、医療行為に近い脱毛行為は[ドクター法違反]に当たるとされている。
エステティックサロンで脱毛を実践するケースの場合には、施術に当たって、皮膚科等の医療機関と提携しているかどうかを確認する事をお勧めする。

埋没毛は、殆どのケースの場合、毛の発達が留まるまで放置しておくと自然に分解されて排泄されてしまうそうであるが、ケースの場合に拠っては炎症を起こして毛嚢炎に成る事も有る。

埋没毛を起こさない為には、レーザー脱毛のよるムダ毛処理がお勧めである。
また、埋没毛の対処方法としても、レーザー脱毛で埋没毛の部位を取り除く事が最良の方法とされている。



カテゴリ

タグ

レーザー脱毛 ひげ 間隔

レーザー脱毛を受けた後にも、注意しなくてはいけない事が有る。
興味ないままでいると、肌の健康を損ねてしまう事も有る。
せっかく脱毛をするのであるから、脱毛後も美肌のままでいられるように、是が非でも気を付けて欲しい。

★紫外線を浴びない
施術の直後は、肌が途方もなく敏感に為っている。
つよい日差しを浴びると、色素沈着をおこし、シミに成るケースの場合が有る。
紫外線を直接浴びる事のないように、肌を覆う事の出きる衣服等で紫外線対策をして欲しい。

その為、今までの脱毛方法に比べ肌への負担が軽いとされ、レーザー脱毛のような痛みもなく、瞬間的にピリッとするレベルだと云われている。
インテンス・パルス・ライトの熱エネルギーを、毛根の中にある、光を吸収しやすいメラニン色素のみに与え、その熱で蛋白(たんぱく)質変性を起こす事で脱毛をしていくのだ。

使用中はチクチク刺すような痛みを実感する人もいるそうである。
また、何も実感しないと云う方や、使用回数を重ねるに従って痛みが変わると云う方もいる。
使用直後は、肌に赤みが残るケースの場合も有るが、普通は24時間以内に消失してしまうそうである。

★施術前に毛抜きや脱毛クリームでムダ毛の処理が出きない
毛に含有されるメラニン色素に、レーザーを反応させて脱毛する為、施術の前に毛抜きや脱毛クリーム、除毛クリーム等でムダ毛の処理をしてしまうと、メラニン色素を包括する毛がなくなってしまい、レーザーが反応しないで高い効果が得られない。

同じ理由で、メラニン色素のおおくはない白髪にも効果は待望出きない。



カテゴリ

タグ

レーザー脱毛 回数 男

レーザー脱毛の注意点として気付いておきたい点を纏めて(まとめて)みた。

★休止期のムダ毛には効果がない
毛の発達サイクルには、発達期・退行期・休止期の三つのサイクルが有る。
発達期は毛母細胞が分裂して新しい毛が造られていくのだ。
一般的には、この時期が1番レーザー脱毛による効果が高いとされている。

レーザー機器には医療用レーザーと工業用レーザーとが在り、レーザー脱毛には、医療用レーザーが使用される。
医療レーザーは、人体に影響をおよぼさないよう厳しい基準が取り決定されている為、ドクターの管理の下でガッツリとした使い方がなされている限り、体への悪影響はないとされている。

照射強度の高い医療レーザー脱毛は、完璧な永久脱毛も可能と云われており、こういった理由で、女性のワキの下の脱毛に人気が有る。
男性のヒゲにかんしては、完璧に脱毛せずうっすらと残したいと熱望する人や、ヒゲの形状をアレンジするための部分的な脱毛を熱望する人、将来また生やす可能性があると云う方等がいる為、完璧な永久脱毛が確立されていないメンズエステによる脱毛を実践する人もおおく為っている。

注意する点は、肌のタイプに拠って使用出きない人もいると云う事である。
以下の人は使用出きない。
・日焼けをしている方
・生まれつき体毛が赤色、金色、白、グレーの方
・肌の色が、ミディアムブラウンからブラックの方
・インド系、アフリカ系、ネイティブアメリカン系、もしくは太平洋諸島に起源をもつ方



カテゴリ

タグ

レーザー脱毛 回数 髭

間ちがったムダ毛処理に拠って、[毛膿炎]を起こしてしまったと云う方が増大している。

毛膿炎は細菌感染症の一つで、以前は疔(ちょう)と呼称されていた。
数本の束になった毛が細菌に感染して生じる。
毛膿炎は根が深く、毛根周辺が赤くなったり、化膿したりする他、皮膚が硬く腫れたりと云った症状があらわれる。

★退行期
毛母細胞の活動がストップし、毛の発達も留まる。
★休止期
発達の留まった毛が毛乳頭から離れ、抜け落つ。
抜け落ちた後は暫く(しばらく)休み、再び毛母細胞が活動をはじめると新しいサイクルがスタートする。

★自己処理法にかんして
脱毛が完了するまでは、次回の施術までの間に、毛周期の関係から新しい毛が生えてくが、こういった毛を毛抜きで抜く事も留めて欲しい。
自然な毛周期を狂わせてしまう事に成る。
気に成るケースの場合は、カミソリで剃る事をお勧めする。
但しトラブルのおおくはない脱毛の為には、あまり徹底的に自己処理を実践しない方がよいようである。

開発当初は、日本人を包括する東洋人は欧米人に比べ皮膚の色が濃い(メラニン色素が少なくない)為、欧米人が使用しているレーザー脱毛機器では、メラニン色素に吸収されるレーザーの反応がつよくなるとされていた。
その為、欧米人用のレーザー機器による脱毛で、相当の肌のトラブルを起こしてしまう事が難点だったが、近頃では、東洋人向けの新しいレーザー脱毛機器が開発され、日本にも普及している。



カテゴリ

タグ

レーザー脱毛 家庭用

あるインターネットホームページの調査によると、女性の約98%は自身のムダ毛にかんしての悩みをもっていると云う結果が得られたそうである。
悩みの内訳を観てみたいと思うと、[すぐに生えてくる]と[濃い・太い]と云う悩みをお持ちの方が、おのおの全体の約23%となり、約21%とわずかの差で[量が少なくない]とつづいている。

休止期に入った毛は活動をしなくなり、3ヶ月から1年間休むと云われている。
休止期に入った毛にはレーザー脱毛の効果は得られない為、また生えてくる事が有る。
完璧な脱毛の為には、毛の発達サイクルに合わせて、期間をおきながら数回の施術を実践する必要が有る。

使用中はチクチク刺すような痛みを実感する人もいるそうである。
また、何も実感しないと云う方や、使用回数を重ねるに従って痛みが変わると云う方もいる。
使用直後は、肌に赤みが残るケースの場合も有るが、普通は24時間以内に消失してしまうそうである。

★手足の指
1回につき3千円から1万円である。

これ以外には、初診料や再診料、アフターケア用の軟膏等の医薬品代、麻酔代等がかかるケースの場合も有る。

料金設定には、セット料金やフリーパス制度を設けている医療機関も有る。
一般的には、セット料金やフリーパス制度のほうがお得とされているが、ご自身のケースの場合には割安に成るのかどうかをよく考慮してから決定させるようにして欲しい。



カテゴリ

タグ

レーザー脱毛 回数 男

プラズマ脱毛も光脱毛の一つである。
使用されている光は、医療用レーザー光線より波長の長いキセノンフラッシュ光線を、特殊偏光フィルムに通したものである。
その為、肌を傷める事なく、確実に脱毛部分の毛根部に光を届ける事が出きるように成った。

★退行期
毛母細胞の活動がストップし、毛の発達も留まる。
★休止期
発達の留まった毛が毛乳頭から離れ、抜け落つ。
抜け落ちた後は暫く(しばらく)休み、再び毛母細胞が活動をはじめると新しいサイクルがスタートする。

★エステティックサロンでの脱毛
・電気脱毛(ニードル脱毛)
・IPL脱毛
レーザー脱毛
・フラッシュ脱毛
・プラズマ脱毛
・ワックス脱毛
エステティックサロンでは、医療行為に近い脱毛行為は[ドクター法違反]に当たるとされている。
エステティックサロンで脱毛を実践するケースの場合には、施術に当たって、皮膚科等の医療機関と提携しているかどうかを確認する事をお勧めする。

このようにして誘導アウトプットされたレーザー光を、向き合わせた2枚の鏡で折り返すように反射させると、波長と位相が揃った光が多量に生起する。
これを[増幅]と云う・
この増幅した光を取り出すと、強力なレーザー光となる。

波長が単一で干渉性がある(位相が揃っている)事は、レーザー光の大きな特徴点でも有る。



カテゴリ

タグ

レーザー脱毛 痛い 理由

プラズマ脱毛も光脱毛の一つである。
使用されている光は、医療用レーザー光線より波長の長いキセノンフラッシュ光線を、特殊偏光フィルムに通したものである。
その為、肌を傷める事なく、確実に脱毛部分の毛根部に光を届ける事が出きるように成った。

最大最高の特長は、使用されている複合波長波が美顔の効果も待望出きると云う事である。
ボタンをおすだけで、脱毛と美顔の切り替えが出きる。
脱毛と同時に美顔・美肌もでき、まさに一石二鳥とはこの事である。
照射時の痛みも、レーザー脱毛に比較しておおくはないと云われている。

メリットは、医療用レーザー脱毛に比較して痛みがおおくはないと云う点で、インテンス・パルス・ライトを照射されている部分は、暖かく実感するレベルの異和感しか実感しないと云われている。
また、毛根の中に含有されるメラニン色素のみを変化させて脱毛していく為、敏感肌等肌の弱い方の活用も可能とされている。
この、メラニン色素のみに反応すると云う点が、IPL脱毛の最大最高の特徴点と云える。
他にもメリットとして、1回で施術出きる範囲が広いと云う事も挙げれる。
施術範囲が広いと云う事は、施術時間が短くて済むと云う事に成る。

医療機関であろうとエステティックサロンであろうと、1度の施術で直ぐにツルツルの肌に成ると云う訳でもなく、複数回通う必要が有る。
通うための時間が造れないと云う問題や費用の面等も、家庭で出きる脱毛器の人気の理由の一つに為っている。



カテゴリ

タグ

レーザー脱毛 vio 痛み

女性の大敵であるムダ毛であるが、処理方法は多種多様在り、どのような処理方法が自身にあっているのかも、悩みの一つと為っている。
処理方法は、大幅に分けて三つに分ける事が出きる。

休止期に入った毛は活動をしなくなり、3ヶ月から1年間休むと云われている。
休止期に入った毛にはレーザー脱毛の効果は得られない為、また生えてくる事が有る。
完璧な脱毛の為には、毛の発達サイクルに合わせて、期間をおきながら数回の施術を実践する必要が有る。

照射強度の高い医療レーザー脱毛は、完璧な永久脱毛も可能と云われており、こういった理由で、女性のワキの下の脱毛に人気が有る。
男性のヒゲにかんしては、完璧に脱毛せずうっすらと残したいと熱望する人や、ヒゲの形状をアレンジするための部分的な脱毛を熱望する人、将来また生やす可能性があると云う方等がいる為、完璧な永久脱毛が確立されていないメンズエステによる脱毛を実践する人もおおく為っている。

レーザー脱毛は、以前は男性の太くて濃いヒゲには効果は低いと云われていたが、レーザー機器の開発や、レーザーを組み合わせて施術する事で脱毛効果が上がってきている。
痛みが少なくて済む事と併せて、近頃では男性のレーザー脱毛も人気がでてきているようである。

ニードル脱毛は、1本1本確実に脱毛出きるが、痛みがある事と時間がかかる事がデメリットとして挙げれる。



カテゴリ

タグ

レーザー脱毛 痛い

ムダ毛にかんしての悩みの中には、除毛処理をくりかえす事で何らかのトラブルを抱いてしまうと云った事も有る。
こういったトラブルの一つに[埋没毛]が有る。

埋没毛とは、体毛が皮膚の中で発毛、発達してしまう事をいう。
[埋もれ毛]と呼称される事も有る。

★退行期
毛母細胞の活動がストップし、毛の発達も留まる。
★休止期
発達の留まった毛が毛乳頭から離れ、抜け落つ。
抜け落ちた後は暫く(しばらく)休み、再び毛母細胞が活動をはじめると新しいサイクルがスタートする。

★ワキの下
1回につき7千円から1万5千円である。

★ビキニライン
1回につき1万5千円から2万2千円である。

★背中
面積が広く、うぶ毛も少なくない為、時間も料金もかかるようである。
1回につき6万円から8万円である。

★施術前に毛抜きや脱毛クリームでムダ毛の処理が出きない
毛に含有されるメラニン色素に、レーザーを反応させて脱毛する為、施術の前に毛抜きや脱毛クリーム、除毛クリーム等でムダ毛の処理をしてしまうと、メラニン色素を包括する毛がなくなってしまい、レーザーが反応しないで高い効果が得られない。

同じ理由で、メラニン色素のおおくはない白髪にも効果は待望出きない。



カテゴリ

タグ

レーザー脱毛 抜ける 仕組み

[クラリスフラッシュ]は、医療用レーザーとはちがう波長の光を活用した光脱毛による家庭用の脱毛器である。
その光をカメラのフラッシュのように拡散させ、1度に広範囲の処理を可能にした。

その為、今までの脱毛方法に比べ肌への負担が軽いとされ、レーザー脱毛のような痛みもなく、瞬間的にピリッとするレベルだと云われている。
インテンス・パルス・ライトの熱エネルギーを、毛根の中にある、光を吸収しやすいメラニン色素のみに与え、その熱で蛋白(たんぱく)質変性を起こす事で脱毛をしていくのだ。

シルキンも、家庭用レーザー脱毛器と同じように、肌の色や毛の色に拠って使用の出きないケースの場合が有る。
顔への照射、日焼け後の肌への照射も禁止されている。

購入に当たって注意をしなくてはならない点は、海外発送の製品を買い付けないと云う事である。

レーザー脱毛は、以前は男性の太くて濃いヒゲには効果は低いと云われていたが、レーザー機器の開発や、レーザーを組み合わせて施術する事で脱毛効果が上がってきている。
痛みが少なくて済む事と併せて、近頃では男性のレーザー脱毛も人気がでてきているようである。

ニードル脱毛は、1本1本確実に脱毛出きるが、痛みがある事と時間がかかる事がデメリットとして挙げれる。



カテゴリ

タグ

レーザー脱毛 痛い ヒゲ

光脱毛は、光を毛根部に照射し、毛根と毛包を焼く事で発毛をさせなくすると云う脱毛法である。
照射する光は、強力な白色ランプの多種多様な波長をもった光をフィルターにかけて取り出した、ムダ毛の処理が可能な波長をした光である。

また、ヒゲの剃り跡が青々しくなる事をコンプレックスに実感している男性は意外と少なくないようである。
ヒゲの殊更に濃い男性は、一日に数回のひげそりが必要になったり、何回もヒゲをそる事で肌を傷めてしまったりする事も在り、それもまた、永久脱毛を熱望する理由に挙げられている。

この電子のエネルギーが高い状態から低い状態に成るとき光をアウトプットする。
このときの光がレーザー光の元に成る。
光のアウトプットには2種類有る。
[自然アウトプット]は電子が自然に低い状態に落ちて光をアウトプットする事で、[誘導アウトプット]は、光が来ると、その光と同じ波長と位相で光をアウトプットする。
つまり、誘導アウトプットは、光が一つ来ると、波長と位相がそろった光を二つアウトプットする事に成る。

反面、医療レーザー脱毛に比べ痛みが少なく、安価で実践する事ができ、その為、思ったより新しい脱毛法にもかかわらず、人気の脱毛法と成った。
近頃では、自身の家で光脱毛を実行できる家庭用の脱毛機器も発売されている。
エステティックサロンに足を運ぶ時間のない方や、自身で急がずゆっくりと脱毛したいと云う方に活用されているようである。



カテゴリ

タグ

レーザー脱毛 回数 ひげ

間ちがったムダ毛処理に拠って、[毛膿炎]を起こしてしまったと云う方が増大している。

毛膿炎は細菌感染症の一つで、以前は疔(ちょう)と呼称されていた。
数本の束になった毛が細菌に感染して生じる。
毛膿炎は根が深く、毛根周辺が赤くなったり、化膿したりする他、皮膚が硬く腫れたりと云った症状があらわれる。

★毛根
毛の、皮膚の中にある部分を指する。
つまり、一本の毛は毛幹と毛根に分類されている事に成るが、そのちがいは皮膚の外部にあるか内部にあるかのちがいだけに成る。
★毛球部
毛根の根元にある膨らんだ部分を指する。
毛球部の先端、皮膚の1番奥にある部分を[毛乳頭]と云う。
毛乳頭にある毛細血管から吸収された栄養分は、毛母細胞へと送れる。
毛母細胞は吸収した栄養分で細胞分裂をくりかえし、毛を発達させていくのだ。
毛の色を決定するメラニン組織もここで造られる。

この電子のエネルギーが高い状態から低い状態に成るとき光をアウトプットする。
このときの光がレーザー光の元に成る。
光のアウトプットには2種類有る。
[自然アウトプット]は電子が自然に低い状態に落ちて光をアウトプットする事で、[誘導アウトプット]は、光が来ると、その光と同じ波長と位相で光をアウトプットする。
つまり、誘導アウトプットは、光が一つ来ると、波長と位相がそろった光を二つアウトプットする事に成る。

埋没毛は、殆どのケースの場合、毛の発達が留まるまで放置しておくと自然に分解されて排泄されてしまうそうであるが、ケースの場合に拠っては炎症を起こして毛嚢炎に成る事も有る。

埋没毛を起こさない為には、レーザー脱毛のよるムダ毛処理がお勧めである。
また、埋没毛の対処方法としても、レーザー脱毛で埋没毛の部位を取り除く事が最良の方法とされている。



カテゴリ

タグ

レーザー脱毛 家庭用 口コミ

[クラリスフラッシュ]は、医療用レーザーとはちがう波長の光を活用した光脱毛による家庭用の脱毛器である。
その光をカメラのフラッシュのように拡散させ、1度に広範囲の処理を可能にした。

シルキンの光は黒い色のみに反応する為、肌の表面にでている毛にしか効果がないそうである。
使い最初は残っているムダ毛がおおく、効果がなかったようにみえるが、継続的に使いつづける事で少しずつ目立たなくなっていくようである。

光の出力レベルは、日本人の肌に合わせて5段階に設定されている。
自身の肌の状態を考慮して、自由にアレンジする事が出きる。
また、肌にただしく接触しないと照射されないと云うセーフティ機能がついている為、安全に脱毛出きる。

更に、医療レーザー脱毛では、電気脱毛では不可能だったうぶ毛の処理も可能とされている。

予想外の効果として、医療レーザー脱毛に拠ってワキガが低減される事もあるそうである。
ワキガは、汗を分泌する汗腺の一つであるアポクリン腺からの分泌物が原因で、分泌物が皮膚表面の雑菌を分解する時に臭いが生起する。
レーザー脱毛をする事で毛穴が綺麗な状態に保たれ、雑菌の繁殖を抑え、ワキガの低減につながると云われている。

個人差はあるだろうが、相当の女性が、ムダ毛にかんして何らかの悩みを実感している事が把握できる。
毎日剃ったり抜いたりしなくてはならない等、ムダ毛の処理は尽きる事がないと云うのも、悩みの一つと為っているようである。

こういった悩みを改善するムダ毛の処理方法の一つとして、レーザー脱毛が有る。
レーザーに拠って毛根や周辺組織に痛手をあたえて脱毛すると云う方法で、回数を重ねる事で永久脱毛されていくのだ。



カテゴリ

タグ

レーザー脱毛 痛い 男

レーザー脱毛に使用されている[レーザー]とは、一体何なのだろうか。
レーザー脱毛を受けられる人は、レーザーは何かと云う事も気付いておく事をお勧めする。

レーザー光は、自然の光の中には実在しない。
人間に拠って人工的に造られた特殊な光である。

★日焼けをしない
レーザー脱毛は、レーザー光が皮膚のなかのメラニン色素に反応する事で、脱毛を実践する。
日焼けをすると、肌に多量のメラニン色素が生成される。
脱毛直前に日焼けをしてしまうと、毛根部ではなく、肌のなかのメラニン色素にレーザーが吸収されてしまい、脱毛の効果が弱くなる。

★円照射の為に、脱毛ヶ所に隙間が出きる
医療レーザー脱毛は1度に複数本の脱毛をする事が可能であるが、レーザーが円形に為っている為に、どうしても隙間が出きてしまう。
レーザーが当たらなかったヶ所は効果が薄く、脱毛も不充分に成る。
近頃では、照射面が四角に改良された機器も普及しはじめている為、医療機関を選択する際に確認してみると良いのかも知れない。

そして次には、コヒレント社(現ルミナス社)の、半導体を使用したダイオードレーザーの登場となる。
このダイオードレーザーは、うぶ毛の脱毛にも効果が待望でき、男性のヒゲの脱毛に使用されてもいる。

このようにしてレーザー光やレーザー機器の開発が進み、より安全で精度の高い脱毛が可能となっていったのだ。



カテゴリ

タグ

レーザー脱毛器 使い方

レーザー脱毛に使用されている[レーザー]とは、一体何なのだろうか。
レーザー脱毛を受けられる人は、レーザーは何かと云う事も気付いておく事をお勧めする。

レーザー光は、自然の光の中には実在しない。
人間に拠って人工的に造られた特殊な光である。

黄色ブドウ球菌が原因で生じる事がおおく、酷く(ひどく)なると化膿した部分が色素沈着し跡が残ってしまう事も有る。
治療には抗生物質の服用が不可欠で、ケースの場合に拠っては、切開手術が必要に成る。

使用中はチクチク刺すような痛みを実感する人もいるそうである。
また、何も実感しないと云う方や、使用回数を重ねるに従って痛みが変わると云う方もいる。
使用直後は、肌に赤みが残るケースの場合も有るが、普通は24時間以内に消失してしまうそうである。

注意する点は、肌のタイプに拠って使用出きない人もいると云う事である。
以下の人は使用出きない。
・日焼けをしている方
・生まれつき体毛が赤色、金色、白、グレーの方
・肌の色が、ミディアムブラウンからブラックの方
・インド系、アフリカ系、ネイティブアメリカン系、もしくは太平洋諸島に起源をもつ方



カテゴリ

タグ

レーザー脱毛とは

レーザー脱毛を受ける時に、事前に必要なムダ毛のケアと云うものはないのだが、注意する点は何種類か有る。

★ムダ毛の自己処理は実践しない
レーザーによる脱毛は、毛の毛根部にレーザーを照射する事で脱毛を実践するわけであるから、毛抜きで抜いたりしてしまうと効果が充分に得られなくなる。
脱色も、同じ意味で効果が得られない。
剃る事は問題ないのだが、あるレベル毛の長さがあった方が、毛の生えている方向が把握できて施術には効果的である。

★刺激をあたえない
レーザー施術後は毛穴に毛が残り、黒い点になってみえる事が有る。
照射が上手くいかなかったのではとか、キッチリと脱毛出きていないのではと懸念におもわれるだろうが、そのままにしておけばそのうち自然に抜け落ちていくのだ。
無理に毛抜きで抜いたりする事は絶対に止めよう。
毛穴に炎症を起こしてしまう可能性が有る。
また、入浴時にボディブラシ等でつよくこする事も、刺激をあたえる事に成るので止めよう。

本来細菌等の侵入を防ぐ働きをしている毛が、ムダ毛処理でなくなる事で、細菌の侵入を容易にさせてしまう事で生じる。
不衛生な環境のもとで、毛抜きで抜いたり、カミソリで剃ったりと云ったムダ毛処理を行ったケースの場合はより生起しやすくなる。
殊更に、カミソリで逆剃りして深剃りをする等の無理な除毛や、お風呂での脱毛処理は細菌が侵入しやすくなる為、注意しよう。

全身どこでも使用可能で、男性のヒゲにも使用出きるそうであるが、イボやアザ、目立つホクロ、傷口や炎症のある部位等への使用は出きないそうである。
多種多様とメリットの少なくないクラリスフラッシュであるが、価格が30万円以上と途方もなく高額に成る事が難点とも云える。




カテゴリ

タグ

レーザー脱毛 メンズ 大阪

脱毛や除毛による肌のトラブルを防いだり、完璧な脱毛の為にも、毛の構造にかんして気付いておく事は肝心である。

★毛幹
皮膚から表面にでている部分を指する。
普通我々が[毛]とよんでいる部分の事である。

シルキンの光は黒い色のみに反応する為、肌の表面にでている毛にしか効果がないそうである。
使い最初は残っているムダ毛がおおく、効果がなかったようにみえるが、継続的に使いつづける事で少しずつ目立たなくなっていくようである。

光の出力レベルは、日本人の肌に合わせて5段階に設定されている。
自身の肌の状態を考慮して、自由にアレンジする事が出きる。
また、肌にただしく接触しないと照射されないと云うセーフティ機能がついている為、安全に脱毛出きる。

★ワキの下
1回につき7千円から1万5千円である。

★ビキニライン
1回につき1万5千円から2万2千円である。

★背中
面積が広く、うぶ毛も少なくない為、時間も料金もかかるようである。
1回につき6万円から8万円である。

但しIPL脱毛が日本で実行されるようになってからまだ日が浅く、永久性にかんしては、ガッツリとした決断がなされていない状況である。
現実にIPL脱毛を行った方の意見では、施術後発毛がみられないと云う方と、再び生えてきたと云う方と、まちまちの結果が得られ、脱毛効果には個人差が途方もなくある事が把握できる。



カテゴリ

タグ

レーザー脱毛 痛い部位

家庭で自身で実践する脱毛法としては、カミソリで剃る、毛抜きで抜く等のほか、脱毛ワックスや脱毛テープ、除毛クリーム等を使用した脱毛、除毛方法が主流だった。
近頃では、家庭で使用する事の出きる[家庭用レーザー脱毛器]や[家庭用高周波脱毛器]と云った、べんりな機器が出回るように成った。

高周波脱毛器とは、ムダ毛の1本1本に高周波を当て、毛根部に痛手をあたえる事でムダ毛を抜いていくと云うものである。

シルキンの光は黒い色のみに反応する為、肌の表面にでている毛にしか効果がないそうである。
使い最初は残っているムダ毛がおおく、効果がなかったようにみえるが、継続的に使いつづける事で少しずつ目立たなくなっていくようである。

光の出力レベルは、日本人の肌に合わせて5段階に設定されている。
自身の肌の状態を考慮して、自由にアレンジする事が出きる。
また、肌にただしく接触しないと照射されないと云うセーフティ機能がついている為、安全に脱毛出きる。

メリットは、医療用レーザー脱毛に比較して痛みがおおくはないと云う点で、インテンス・パルス・ライトを照射されている部分は、暖かく実感するレベルの異和感しか実感しないと云われている。
また、毛根の中に含有されるメラニン色素のみを変化させて脱毛していく為、敏感肌等肌の弱い方の活用も可能とされている。
この、メラニン色素のみに反応すると云う点が、IPL脱毛の最大最高の特徴点と云える。
他にもメリットとして、1回で施術出きる範囲が広いと云う事も挙げれる。
施術範囲が広いと云う事は、施術時間が短くて済むと云う事に成る。

このようにして誘導アウトプットされたレーザー光を、向き合わせた2枚の鏡で折り返すように反射させると、波長と位相が揃った光が多量に生起する。
これを[増幅]と云う・
この増幅した光を取り出すと、強力なレーザー光となる。

波長が単一で干渉性がある(位相が揃っている)事は、レーザー光の大きな特徴点でも有る。



カテゴリ

タグ

レーザー脱毛 仕組み

レーザー脱毛の注意点として気付いておきたい点を纏めて(まとめて)みた。

★休止期のムダ毛には効果がない
毛の発達サイクルには、発達期・退行期・休止期の三つのサイクルが有る。
発達期は毛母細胞が分裂して新しい毛が造られていくのだ。
一般的には、この時期が1番レーザー脱毛による効果が高いとされている。

レーザー機器には医療用レーザーと工業用レーザーとが在り、レーザー脱毛には、医療用レーザーが使用される。
医療レーザーは、人体に影響をおよぼさないよう厳しい基準が取り決定されている為、ドクターの管理の下でガッツリとした使い方がなされている限り、体への悪影響はないとされている。

本来細菌等の侵入を防ぐ働きをしている毛が、ムダ毛処理でなくなる事で、細菌の侵入を容易にさせてしまう事で生じる。
不衛生な環境のもとで、毛抜きで抜いたり、カミソリで剃ったりと云ったムダ毛処理を行ったケースの場合はより生起しやすくなる。
殊更に、カミソリで逆剃りして深剃りをする等の無理な除毛や、お風呂での脱毛処理は細菌が侵入しやすくなる為、注意しよう。

つまり、脱毛は、施術をはじめたらすぐにツルツルの肌に成ると云う訳でもないと云う事をよく頭に入れて、脱毛を完了しておきたいと云う日から逆算して、レーザー脱毛をはじめる必要があると云う事に成る。

夏までに脱毛を完了しておきたいとお考えの人は、来年の夏の為に、今年の夏が完了したらすぐにでも施術をはじめられるように準備をしておこう。



カテゴリ

タグ

レーザー脱毛 回数 効果

[クラリスフラッシュ]は、医療用レーザーとはちがう波長の光を活用した光脱毛による家庭用の脱毛器である。
その光をカメラのフラッシュのように拡散させ、1度に広範囲の処理を可能にした。

脱毛の原理は、医療レーザー脱毛と同じで、光のエネルギーを毛根部にあたえる事で、毛母細胞を破壊して脱毛をしていくのだ。
エステティックサロンで施術される事がおおく、サロンに拠っては[IPL脱毛][フラッシュ脱毛]と混同されて呼称されている事も有る。

シルキンも、家庭用レーザー脱毛器と同じように、肌の色や毛の色に拠って使用の出きないケースの場合が有る。
顔への照射、日焼け後の肌への照射も禁止されている。

購入に当たって注意をしなくてはならない点は、海外発送の製品を買い付けないと云う事である。

標準的な方のケースの場合で、毛母細胞の死滅までには3から5回の照射が必要とされている。
エステティックサロン等の医療機関以外での施術は、ドクター法違反に当たらないレベルの光量で実行される為、脱毛の効果も下がると云われる事も有る。
また、フラッシュ脱毛の日本での歴史がまだ浅く、効果にかんしてガッツリとは把握されていない状況とも云える。



カテゴリ

タグ

レーザー脱毛 痛い 知恵袋

光脱毛は、光を毛根部に照射し、毛根と毛包を焼く事で発毛をさせなくすると云う脱毛法である。
照射する光は、強力な白色ランプの多種多様な波長をもった光をフィルターにかけて取り出した、ムダ毛の処理が可能な波長をした光である。

★自己処理法
・カミソリ等で剃る
・脱毛用のクリームやムース、ワックス、テープ等を使用する
・毛抜きで抜く
自己処理法は、家庭で気楽に実践する事ができ、費用も安価で済むと云うメリットが有るが、デメリットも有る。
間ちがった方法で処理をしまう事で、皮膚が傷ついたり炎症を起こしたりすると云うトラブルも少なくないのだ。

フラッシュ脱毛は、1度の照射で永久脱毛効果があると云う訳でもなく、早い方のケースの場合は初めての施術後1ヶ月ほどで毛が再生され、再び生えてくるのだ。
但し再生された毛は以前と比較して細く弱い毛に成る。
この再生された弱い毛に再照射を実践すると、毛の毛母細胞はどんどんと壊されていき、再生された毛は老廃物となって抜け落ちていくのだ。
このようにして、毛母細胞が全て死んでしまうまで照射をくりかえす事で永久的に脱毛させていくのだ。

技術のガッツリとしている医療機関での施術であれば、これらのトラブルが生じる確率も小さくなるし、万が一おきてしまったケースの場合も、速やかに適切な対処が受けられ、症状が軽くて済むケースの場合も有る。
施術を任せる医療機関を冷静に選択する事が、安全安心への1番の最短距離の道じゃないかとおもう。



カテゴリ

タグ

レーザー脱毛 効果 いつから

レーザー脱毛に使用されている[レーザー]とは、一体何なのだろうか。
レーザー脱毛を受けられる人は、レーザーは何かと云う事も気付いておく事をお勧めする。

レーザー光は、自然の光の中には実在しない。
人間に拠って人工的に造られた特殊な光である。

エステティックサロン業者やレーザー機器の会社がオリジナル性を出す為に、使用する光に独自のネーミングをほどこた為、呼称は多種多様有るが、殆どは以下の三つに当てはまるようである。

・IPL脱毛
・フラッシュ脱毛
・プラズマ脱毛
IPL脱毛のIPLとは、インテンス・パルス・ライトの事で、フラッシュ脱毛でも、このインテンス・パルス・ライトが使用される。
プラズマ脱毛では、キセノンフラッシュ光線と云う光が使用されている。
インテンス・パルス・ライトは、医療用のレーザー光とは違った、特異な波長をもっている。
その為、照射する対象との距離が、遠くに離れれば離れるほど拡散すると云った特性をもっている。

メリットは、医療用レーザー脱毛に比較して痛みがおおくはないと云う点で、インテンス・パルス・ライトを照射されている部分は、暖かく実感するレベルの異和感しか実感しないと云われている。
また、毛根の中に含有されるメラニン色素のみを変化させて脱毛していく為、敏感肌等肌の弱い方の活用も可能とされている。
この、メラニン色素のみに反応すると云う点が、IPL脱毛の最大最高の特徴点と云える。
他にもメリットとして、1回で施術出きる範囲が広いと云う事も挙げれる。
施術範囲が広いと云う事は、施術時間が短くて済むと云う事に成る。

★傷があるケースの場合
施術をする部位に傷があったケースの場合は、施術者に確認してから受けるようにしよう。
多少の傷があっても脱毛の効果には変わりはないようであるが、傷が悪化する可能性が有る。

★生理中、妊娠中のケースの場合
基本的に、生理中や妊娠中のケースの場合でも問題はないとされているが、医療機関やクリニックに拠っては施術を実践しないようにしているところもあるようである。
殊更に妊婦の人は絶対に確認をするようにして欲しい。



カテゴリ

タグ

このブログはSEOに強い無料ブログテンプレート で作られています。
Copyright © まりかの笑顔になれる日記 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます